イーモの販売サイトを確認して、イーモの特徴を理解しておくようにしましょう


イーモの販売サイトを確認して、イーモの特徴を理解しておくようにしましょうブログ:170317


24時間の終わりに入るお風呂は、
疲れた体質と心をリラックス&リフレッシュさせる大切な時間です。
それは、健康の面からも理にかなっています。

入浴後、体質は温まっています。
やがて体質が冷え始めると、眠くなってきます。
体質は、冷え始めると眠気を覚える仕組みになっているのです。

入浴は、単に体質を清潔にするだけではなく、
睡眠につながるという、大きな利点があります。
快眠のためにも、24時間の終わりの入浴は良いことなんですね。

しかし最近は、
6時シャワーや6時風呂派がかなり増えてきました。
6時風呂は「余裕のある人」という感じで悪くないですよね?

しかし6時風呂派は
「6時に入るからいいや」と、
真夜中に疲れて帰宅した後、そのままベッドに直行、
というパターンが多く見られます。

そんな6時風呂派は、真夜中風呂派のように質の高い睡眠が
得にくくなってしまうんですよね。

ボーッとした頭をシャキッとさせる6時風呂が、
これではなんだか悪循環ではないでしょうか。

さらに6時風呂では、
お風呂の持つリラックス&リフレッシュの効果が
アダになってしまいます。

6時風呂で体質が温まるだけならいいのですが、
脳もトレーニング機能も反射神経もスイッチオフされてしまいます。
これは、自律神経の副交感神経が優位に働く
体質のメカニズムによるものです。

これから24時間の活動が始まるというのに、
体質をくつろぎモードに入れてしまうのは
どうなのでしょうか?

また、6時風呂は、
自律神経のリズムを乱してしまいがち…
6時にお風呂に入ったり入らなかったりという
不規則な生活パターンも同様で、
自律神経の不調を招きやすくなりますよ!


プレグネノロン
http://www.suplinx.com/shop/e/epregneno/

水素サプリ
http://www.suplinx.com/shop/g/g369-00001/

脱毛器おすすめ
http://www.powerlite.jp/

3階建て住宅について
http://www.toyotahome.co.jp/chumon/style/3floor.html


ホーム サイトマップ